オイリー肌と乾燥肌、ニキビが出来やすいのはどっち?

オイリー肌、乾燥肌、混合肌、どの肌タイプが一番ニキビが出来やすいのでしょうか?
ニキビの原因のアクネ菌は皮脂を栄養に増殖する為、
皮脂が過剰に分泌されがちなオイリー肌が一番ニキビが出来やすい肌タイプとなります。

オイリー肌タイプはいつも肌に皮脂がにじみ出ており、
顔がテカりやすいタイプです。スキンケアで過剰に分泌された皮脂を
ケアしてあげないと朝起きたとき、鼻やおでこを触ると手に皮脂がべったりと
つくぐらい皮脂が分泌されてしまう事もあります。この状態で毛穴がつまると
皮脂が外に出られなくなりすぐにニキビが発生してしまいます。
オイリー肌タイプの人はまずはニキビの原因となる
余分な皮脂と汚れをきれいに取り除く事が必要です。

またこのタイプは角質も分厚くなっている場合が多いので、
ピーリング石鹸などを使用してまずは余分な皮脂や角質を取り除いてあげる事が大切です。
またオイリー肌だからと言って洗顔後に保湿をしないと、
皮脂腺が肌を保護しようと皮脂を分泌します。
洗顔後はスッキリタイプの化粧水、乳液などで保湿をしましょう。
洗顔してすぐに化粧水を塗る事で肌の乾燥を防ぎ余分な皮脂の分泌を抑える事が出来ます。
また女性でメイクをしている場合は、こまめにあぶらとり紙で皮脂をケアして
毛穴をつまらせないようにする事でニキビの発生を抑える事が出来ます。

乾燥肌の人はニキビが出来ないのか?

実は乾燥肌でもニキビが出来ます。
しかも乾燥肌に出来るニキビは芯のある治りにくいものである事が多いです。
乾燥肌のニキビは「角質型ニキビ」と呼ばれ水分不足の為に角質が硬化するのが原因です。
通常古い角質は新しい肌が生まれると自然に剥がれ落ちて行くのですが、
肌が乾燥していると古い角質がそのまま固くなって肌の表面の角質層に重なり合って
分厚くなって行きます。
それにより毛穴の入口がつまって皮脂や汚れが毛穴に溜まりニキビになると言う訳です。
「角質型ニキビ」を改善するにはまず古い角質を優しく除去して
ターンオーバーを促進する事がポイントとなります。
AHA配合の洗顔料を使用して古い角質を取り除きましょう。
角質ケアをした後の肌はダメージを受けやすいので、化粧水、クリームで
しっかり肌を保護するのも忘れては行けません。
角質ケアを行う事で保湿成分が浸透しやすくなりますので、
ニキビケアだけでなくエイジングケアにも有効的です。

混合肌は?

最後に混合肌とは、顔の部分によって乾燥肌とオイリー肌に別れているタイプです。
顔を触ってべたべたする箇所はオイリー肌、ごわごわする部分は乾燥して角質が
溜まっている乾燥肌部分なので顔の部分に合わせてケアをするようにしましょう。