ニキビが出来やすい季節とは?

ニキビが出来る可能性は一年中ありますが、
特に夏は一番ニキビが出来やすい治りにくい時期です。

夏はニキビが出来やすいので正しいケアを

そもそもニキビは毛穴に皮脂が詰まり、その皮脂を栄養にしてアクネ菌が
増える為に発生します。夏は気温が高く他の季節に比べると汗をかく事がおおいですね。
汗をかいた時、こまめに汗を拭き取り肌を清潔に保たないと毛穴が詰まりやすくなります。
また汗を拭き取る時も優しくそっと押さえるようにして拭かないと、
肌に摩擦を与えてニキビの原因になってしまいます。

さらに紫外線を浴びすぎると肌が乾燥し肌表面の角質が固くなり
ターンオーバーが乱れやすくなります。
ターンオーバーとは肌が生まれ変わるサイクルの事で
通常は28日周期で繰り返されていますが、急激な日焼け、ストレス、食生活などで
乱れる事があります。ターンオーバーが乱れる事で古い角質が肌の上に残り、
それによって毛穴が詰まって皮脂がたまってしまうという訳です。
夏は特に紫外線が一番強い時期なので、
顔だけでなく腕や首にも日焼け止めを塗って紫外線から肌を守りましょう。

また夏にべたべたすると言う理由で保湿を怠ると、
肌を乾燥から守ろうと皮脂が余計に分泌されます。
オイリー肌の方はさっぱりタイプの化粧品で肌必要な水分を補って上げる事が大切です。

春はどうなの?

春は学校や新しい職場など新たな環境での生活が始まる時期です。
また気温の変化も激しく色々な理由からストレスを感じやすい時期でもあります。
体温調整がうまく出来ないと体温をコントロールしている自律神経が乱れがちになり、
汗や皮脂の分泌バランスが悪くなります。
その結果、肌の免疫力が低下してニキビが出来やすくなります。
また過剰なストレスにも自律神経を乱す原因になるので、
通常のスキンケアに加えてストレスをためないように
リラックスする時間を持つ事も大切ですね、

そして気をつけておきたいのが保湿です。
上記の理由に加え、暖かくなることで汗や皮脂の分泌が増えることから、
ついついしっかりと洗顔をしすぎて、
必要以上に皮脂を取り除いてしまう場合が多くみられます。

さらに、梅雨時期に入るまでは意外と空気が乾燥していますから、
肌のバリア機能が低下しやすく、肌荒れや肌トラブルを起こすケースが多くなります。
そういった意味でも、一般に保湿が重要だといわれる冬と同等ぐらいに、
保湿を中心としたケアが必要となってきます。

ある意味では、スキンケア、ニキビケアが一番難しい時期であるともいえます。

秋、冬はどうでしょうか?

秋、冬は空気が乾燥しているので他の季節に比べるとニキビが悪化しにくい
時期ではあります。しかし保湿を怠ると肌が乾燥し、乾燥した肌を守ろうと
皮脂が過剰に分泌される事があるので、保湿中心のスキンケアを心がけてあげる事で
きれいな肌を保つ事が出来ます。
夏の間に厚くなった角質が肌の表面にゴワゴワと残っている場合は、
優しい角質ケアをした後で十分に保湿をするのが大切です。
ニキビが出来ない季節と言うのはありません。
季節ごとのスキンケア方法を見直してしっかりニキビ対策を行いましょう!