ニキビとお酒の関係

深酒をしてしまった飲み会の翌日にニキビがひどくなっていた経験はありませんか?
お酒は少量を飲むのは体に良いと言う説もありますが、
ニキビに関してはあまりお勧めは出来ません。

ニキビに関してお酒をお勧め出来ない理由

アルコールは飲み過ぎると胃壁が荒れて消化器系が荒れてしまいます。
また甘いカクテルやビール、日本酒など糖分が多い種類のものが多く、
余分な糖分が脂肪に変わり中性脂肪を増やします。
その結果、毛穴からの皮脂の分泌量が増えて毛穴がつまりやすくなります。

またアルコールを摂取すると毛細血管が拡張し皮脂腺が刺激されて
皮脂が過剰分泌されてしまいます。
普段からターンオーバー(新陳代謝)が行われており肌の免疫力が強ければ
一時的に皮脂が過剰に分泌されても正しいスキンケアを行えば問題はありません。
しかしターンオーバーが乱れ角質が厚くなっている状態で皮脂が過剰に分泌されると
毛穴につまってニキビが出来る原因になります。
ニキビが出来ていてニキビの悪化を予防したい場合、
アルコールを飲む前に牛乳やヨーグルトなどを飲んでおくと胃に膜が出来て
胃腸の粘膜が荒れにくくなります。もちろん飲まない方が良いのですが付き合いで断れない場合には有効です。また、飲んだ翌日は健康的な食生活を心がけて胃腸を休めてあげるなど,その後に調整をする事で
消化器官を健康に保つ事が出来ます。
体の内側の健康はきれいな肌にも密接に関係している訳です。

アルコールを飲むと食欲が促進される

アルコールを飲むと食欲が促進されて普段よりも食べ過ぎてしまう傾向にあります。
特にアルコールと一緒に揚げ物や炭水化物をたくさん食べたり、
食後にラーベンを食べるのも胃腸があれて皮脂が分泌されやすくなる原因の一つですね。

眠れないのでお酒を飲むのはダメ?

飲み会に参加しなくても、寝付きが悪いのでアルコールを摂取している人も
いるかもしれませんが、一般的にはお酒を飲んで眠ると眠りが浅くなる傾向があります。
長時間眠ったとしても質の悪い睡眠の場合なかなか肌は回復しません。

アルコール入りの化粧水

お酒とは異なりますが、肌が敏感になっているときには
「アルコール入りの化粧水」もニキビの原因になる事もあります。
アルコール入りの化粧水はつけた直後ひんやりとして
ニキビが沈静化するような気がするかもしれません。
これは化粧水にアルコールが配合されており、
つけた瞬間に肌表面の水分を一時的に蒸発させる為にひんやり感じます。
さっぱりした感じがしますが、肌の免疫力が低下しているときに
アルコール入りの化粧水を使用すると肌に刺激が強すぎる場合もあります。
飲み会などが続いて肌は疲れているなと感じるときには
ノンアルコールタイプの肌に優しい化粧水を使い分けるのもおススメです。