ニキビの種類は色によって異なる

ニキビの種類が色によって異なるのをご存知でしょうか?
ニキビは、その段階によって白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビに種類が分けられます。

初期段階のニキビは白い色

初期の段階ではニキビは白い色をしています。これは角栓が毛穴につまり
皮脂の出口が塞がれてしまった為に皮膚の中で盛り上がっている状態です。
思わずプチッとつぶして毛穴の中につまった角栓を押し出したくなりますが、
つぶしてしまうと余計に雑菌を繁殖させてしまったり痕になってしまうので、
我慢して肌を清潔な状況に保つ事が大切です。

白ニキビ→黒ニキビ

白ニキビを放置すると次に毛穴の入口が固くなり
、毛穴につまった皮脂が酸化して黒ニキビになります。
黒ニキビは「黒ずみ」とも呼ばれ、鼻に出来やすい傾向にあります。
薬局にはこの黒ニキビになった状態の角栓をごっそりと取り去ってくれる
毛穴パックが販売されていますが、毛穴パックをつかうと健康な角栓も
一緒に抜き取ってしまいます。
その結果肌を守ろうとして毛穴から皮脂が過剰に分泌されて毛穴も開きやすくなるので
あまりお勧め出来ません。
黒ニキビが気になる場合は肌に優しいピーリング効果のあるスキンケアを取り入れて
きれいに洗顔を心がける事が効果的です。

黒ニキビ→赤ニキビ

黒ニキビをケアしないと毛穴に詰まった皮脂は炎症を起こして真っ赤になります。
ニキビが顔中にたくさん出来ている人は赤ニキビが広がっているケースが多いのですが
これはニキビケアがちゃんと出来ていない為にニキビが炎症している状態です。
かゆみを感じる事がありますが、引っ掻いてしまうと爪の雑菌によって
化膿してさらにひどくなるので我慢しましょう。
女性だとニキビを気にして髪の毛で隠したりファンデーションでカバーしたくなりますが、
これには要注意です。
髪の毛にも雑菌がついているので髪の毛がニキビに触れると更に炎症する可能性もありますし、
ファンデーションを厚塗りすると毛穴がさらにつまってしまいます。
赤ニキビをケアするには顔を清潔な状態に保つ事が一番大切なのです。

赤ニキビ→黄ニキビ

赤ニキビを放置するとどうなるか・・・。
炎症を起こし赤くなっていたニキビは最終的に化膿して黄ニキビになります。
黄色い膿が皮膚を通して透けて見える状態ですね。
ここまで来てしまうと膿が肌の奥の「真皮」と呼ばれるところまで到達していて、
ニキビが治っても痕がる可能性がとても高くなります。

ニキビは色で段階を判断する事ができるので、白ニキビが出来た!
と気がついたらその段階でしっかりケアをしてきれいな素肌を手に入れましょう♪