ニキビを潰すと痕になるってホント?

ぷくっと白いニキビが出来ると思わず潰してしまいたくなりますね。
ニキビを潰すと痕になってしまうイメージがありますね。
はたしてニキビを潰すのは良くないのでしょうか?

ニキビを潰した方が早く治る場合も

実はニキビを潰した方が早く治る場合もあります。
「白にきび」と言われ、ニキビの中に白い膿が溜まっている場合には、
そのニキビの膿だけを出し切る事が出来ればニキビの炎症は治まりやすくなります。
この場合、爪などで直接ニキビを潰そうとすると爪についている細菌が
感染したり力が入り過ぎたりするので、ニキビをつぶす専用器具(コメドプッシャー)
または清潔なティッシュやガーゼで爪を覆った状態で
ニキビの上の部分だけに優しく圧をかけるのがポイントです。
また膿を出し切ったらマキロンなどで消毒をする事も忘れてはいけません。

無理矢理ニキビを潰すのは絶対にダメ!!

弱い圧で膿を出し切れれば、皮膚の表面が傷つくだけなので
肌の自然治癒力で傷はなおりニキビの跡にはなりません。
問題はニキビの膿が残ったり、圧を強くかけすぎる事です。

ニキビの膿が少しでも残るとまた同じ場所に膿がたまってしまい、
ニキビが再発してしまいます。また膿がなかなかでないときに
強い圧をかけてしまったり、芯を出し切ろうと爪で強く押しつぶしたりすると
皮膚の表面が赤くなり色素沈着の原因になります。
また爪で無理矢理芯を取り出そうとして肌の奥の「真皮」を傷つけてしまうと
ニキビが治っても凹凸が残る可能性が高くなります。
色素沈着であれば肌のターンオーバーを促進させる事で
時間をかけて色を薄くする事も出来ます。
しかし一旦肌に凹凸が出来てしまうと通常のスキンケアで治療する事は難しいため、
無理矢理ニキビを潰すのは絶対にやめましょう!

黒ニキビ、赤ニキビの場合も潰すのはダメ!!

毛穴が黒ずんでいる「黒ニキビ」や赤く炎症を起こして腫れている「赤ニキビ」の場合は
ニキビを潰してはいけません。
市販の鼻パックで小鼻の黒ずみである「黒ニキビ」をごっそり引っこ抜くタイプのものも
ありますが、鼻パックは正常な角栓も抜いてしまいます。
その後、角栓を再生させようと皮脂腺が大量分泌するのでお勧め出来ません。
黒ニキビをケアするにはAHA配合の洗顔などで毛穴を清潔に保つ事が大切です。

また「赤ニキビ」は炎症を起こしている状態なので無理矢理膿を出そうとすると
より炎症を悪化させてしまいます。
まずは肌を清潔な状態に保ち炎症を沈静化する事が大切です。
ニキビを潰すと必ず痕になる訳ではありません。
しかしニキビが悪化した状態であれば、
自分の判断で潰さずにお医者さんに相談するのが一番ですね。