ピルを飲むとニキビが治るって本当?

大人ニキビに悩む女性にとって生理前に出来るニキビは大敵ではないでしょうか?
生理前に出来る大人ニキビは、いつも同じような場所に出来る事が多く、
しかも治りにくいのでテンションが下がりますね。

生理中のニキビの原因

これは、生理前になると黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌され、
それによって皮脂が通常時よりも多く分泌される為です。
皮脂が過剰分泌されて毛穴が詰まり、その皮脂を栄養にアクネ菌が増殖する事で
ニキビが出来てしまうという仕組みです。
また一度ニキビが出来た箇所は他の部分よりも皮脂が詰まりやすくなります。
いつも同じ場所にニキビが出来るのはその為なのです。

また生理前になると体が全体的にむくみやすかったり、
いつもよりもイライラしてしまうのも黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されることで
ホルモンバランスが乱れるからです。
この時期に仕事などで睡眠時間が短くなったりと普段よりストレスが多い環境で
過ごすことでストレスがたまると、今度はストレスによってさらに皮脂が分泌されてしまいます。
これもニキビが出来やすい原因となりますので、意識してリラックスする時間を持つが大切です。

低用量のピルを飲むとニキビが治る?

低用量のピルを飲むとニキビが治るというのは本当でしょうか?
これは、低用量のピルと飲むことで黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が
抑制される事に関係しています。
まず低用量のピルを飲むと黄体ホルモン(プロゲステロン)が抑制されます。
それにともない過剰な皮脂の分泌を防ぐ事が出来ます。
またホルモンバランスを一定に整えてくれるのでそれによるイライラは
低減されストレスによる過剰な皮脂分泌も抑えられます。
もちろん通常のスキンケアを行い肌を清潔に保つ事は大切ですが、
低用量ピルによってい皮脂コントロールがされているのでニキビが出来にくいと言う訳です。

また低用量のピルを一定期間使用してその後使用を止めた場合、
一時的に黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が乱れニキビが出来やすい事があります。
通常であれば数ヶ月もすればまた黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が
安定するのでそこまで心配する事がありません。

海外では一般的なピルですが、日本で低用量ピルを購入する為には
お医者さんに診断してもらう必要があります。
また体質に合う、合わないがあるので興味がある場合には
まずはお医者さんに相談する事をお勧めします。