メイクでニキビをカバーするコツ!

仕事の大切な打ち合わせの前に大人ニキビが出来ると困りますね。
ニキビにファンデーションが引っかかって時間が経つと固まってしまったり、
カバーしようとして顔全体が厚塗りになって老けメイクになってしまったり…
特に凹凸が出来る赤ニキビはメイクではカバーが難しく、
失敗すると余計に目立ってしまいますね。

コンシーラーをうまく使う

赤ニキビなど色むらが出来るニキビにはまずコンシーラーを
ニキビが出来ている箇所にのせて、他の肌色と合わせてあげる事が大切です。
コンシーラーは肌の赤みをカバーしつやを出すのでニキビが目立ちにくくなります。
顔全体にコンシーラーを使用するとメイクが濃くふけ顔になってしまうので、
ニキビが気になる箇所にのみ手でコンシーラーをのせて行くのがお勧めです。
特にオイリー肌の場合、リキッドタイプだと油分が多いので
ベアミネラルなどのパウダー状のコンシーラーが油分が少なくお勧めです。

コンシーラーの後はファンデーション

コンシーラーで色味を整えたら、ファンデーションを顔全体にのせます。
ファンデーションもパウダー状のものがお勧めです。
ベアミネラルはヤギ毛のブラシでパウダーファンデーションをつけるタイプなので
ニキビがひどいときにはブラシの摩擦によりニキビが悪化する可能性もあります。
ニキビが悪化しているときにはパフやスポンジでつけられる
パウダータイプのファンデーションが一番肌に負担をかけずに
メイクをする事が出来ます。
ニキビを悪化させないファンデーションって?でメイクについてや
ファンデーションのタイプについて詳しく説明しているので
合わせてお読みください。

さらにファンデーションをつけてもカバー力に満足出来ない人の為に、
とっておきの裏技があります。
細かいラメや天然のダイヤモンドパウダーが入ったフィニッシングパウダーを
顔全体に軽くのせてメイクの仕上げをしてあげる事で、
光の屈折でニキビによる凹凸が目立たなくなります。
全てをコンシーラーやファンデーションで隠すよりも生き生きとした
ナチュラルなメイクに仕上がりますよ♪
またフィニッシングパウダーは皮脂をおさえてくれるので
テカりにくくなると言う利点もあります。
ニキビをカバーする時は顔全体のメイクを濃くするのではなく、
ニキビが出来ているところだけをピンポイントでカバーして行く事がポイントですね。

またオイリー肌の人はメイクと皮脂が混ざって酸化しやすいので、
こまめにあぶらとり紙で皮脂を取り除く事が大切です。
そして出来ればお肌が再生する夜の10時までにはメイクを落とし
お肌を休めてあげる事で肌への負担は軽減されます。
毎日のメイクにもニキビケアを取り入れてメイクを楽しみましょう♪