便秘とニキビの関係

便秘は一般的に体に良くないイメージがありますが・・・
実はニキビとも密接に関係しています。
便秘が続くと健康にも良くないですがニキビも出来やすくなるのです。
百害あって一利無しですね。

便秘になるとニキビが出来やすい理由

さて、便秘になるとニキビが出来やすくなる理由として
「活性酵素」と「悪玉菌」が関係しています。
まず「活性酵素」のですが、便秘が続くと「活性酵素」が大量に発生し
体が酸化させていきます。また「活性酵素」は肌の毛穴を詰まらせて
ターンオーバーの働きを鈍らせるのでニキビが出来易い肌環境になります。

もう一つの「悪玉菌」は便秘になり腸内のサイクルが乱れると急激に増えて行きます。
腸内には「悪玉菌」と「善玉菌」という2種類の菌が存在するのですが、
「悪玉菌」が増えると毒素を大量に発生させます。
便秘をしているときにおならが臭いのはこの毒素がたまっているからなんですね。
そして毒素が腸内に蓄積されて行くと腸内環境は悪化します。

その結果皮膚の免疫機能が低下してニキビの原因のアクネ菌が
増えやすくなるわけです。
この場合の皮膚は顔だけに限らず体全体の皮膚ですので、
顔だけでなく背中や胸にもニキビが出来るのはこのためです。

また女性だと生理前に便秘になりやすいという方もいます。
これは排卵後に女性ホルモンが多く分泌され体が水分を溜め込むようになり、
その指示によって大腸が便の中の水分を吸収してしまう為に起こります。
その結果、便秘になりニキビも出来やすくなるという…悪循環ですね。

便秘を解消するには?

便秘は言い換えれば「毒素を体の中にためいる」状態となります。
また放っておくとその毒素が水分とともに体内に再吸収されてしまい、
様々な症状の原因になるとも言われています。
きれいな素肌の為にも健康の為にも便秘は早めに解決する事が大切ですね。
便秘の原因はストレス、偏食、運動不足など色々考えられますが、
一般的には水分をたくさんとる、繊維をたくさんとる、適度な運動をする、
睡眠時間をある程度確保する事でかなり解決されます。
水分と繊維を摂取する事で腸が活発に働くための栄養を与える事が出来ます。

また適度な運動は腸を活発にしてくれます。
激しい運動をたまに行うよりもウォーキングなどの軽い運動を
なるべく毎日続けるのがポイントです。

そして肌が再生する夜10時〜2時は体内もリセットしている時間帯となります。
遅くとも12時には寝て腸がリセット出来る時間を作ってあげると良いですね。
きれいな素肌と腸は実は密接に関係しているのです。

一度腸内のデトックスをしてみるのもありかと

某お隣の韓国などでは一時期腸内洗浄なるものも流行りましたがあの目的は腸内を
綺麗にしてデトックスだったかと思います。

間接的、直接的にストレスをためるのはよくないとなんどか言っていますが、やはり便秘や
腸内に汚物がつまっているのは余り宜しくないかと思います。
そこで、腸内洗浄を!というわけではなく、腸内を綺麗にするという意味で断食を行うなども
良いのではないかと思います。ダイエットではなく断食でという目的なので軽食はきちんと取る
形で行うのが良いかと思います。ウォーキングをできるだけする。軽食を食べる。良く寝る。

断食って便を良くするにはもってこいの方法だと思いますので。そして
本当に体がすっきりしますよね。宿便を出すというのを目的に断食をするなんていう企画も
確か数年前にどこかで聞いたことがあります。

断食後、暴飲暴食してしまっては意味がないのでゆっくりと整えていくなど、根性がいるものでは
ありますがどうかなと思い追記しました。