妊娠するとニキビが出来る?!

実は妊娠中にニキビに悩まされている女性は少なくありません。
今までニキビに悩んだ事が無かったのに妊娠初期に急にニキビが出来た
という方も見えます。
妊娠中に出来るニキビはTゾーンと呼ばれるおでこ、
あご以外に、フェイスラインやあご、背中や胸にも発生する場合は多いです。
これは妊娠した後のホルモンの変化が影響しています。

妊娠時のニキビの原因

妊娠初期に女性の体は妊娠を維持する為に必要なエストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)を多く分泌します。
このプロゲステロン(黄体ホルモン)は男性ホルモンと似た働きをするため、
皮脂腺の働きを活発にして皮脂の分泌を一時的に増加します。
いつもよりも皮脂が過剰に分泌されるため、毛穴に皮脂が詰まり易くなり
ニキビが出来易い肌の環境になっている訳です。
また個人差がありますがつわり期間にやたらと
ジャンクフードが食べたくなったり、甘いものが食べたくなったり、
逆にトマトしか食べられなかったりという場合もあるようです。
妊娠前から食生活ががらりと変わったり、
何か一つの食品だけを過剰に接種したりするのもニキビの原因になるのですね。
つわりの間は無理をせずに、つわりが終わって食欲が出てきたら
食生活を改善するよに心がけることが大切です。

また中期〜後期になると赤ちゃんが成長し腸が圧迫されて
便秘になり易くなります。
便秘はニキビの大敵ですのでひどい場合はお医者さんに相談してみると良いですね。

妊娠中のニキビケアはどうしたら良いか?

なるべく刺激の無い肌に優しいスキンケアで肌を清潔に保つ事が
一番のニキビケアになります。
妊娠前に使用していた化粧品が一時的に肌に合わなくなっていたり、
香りが気になるようなる場合もあるのでその都度、
自分の肌の状態にあったスキンケアを行う事が大切です。
皮膚科で処方されるニキビ用の塗り薬には刺激が強かったり
妊娠中には使用出来ないタイプのものもあるので、
妊娠前にもらった薬があっても再度確認してから使用するようにしましょう。

妊娠中にニキビが悪化するとニキビ痕が残りやすくなるとも言われています。
万が一ニキビが炎症するぐらいまで悪化してしまった場合は
自分で判断しないでお医者さんに相談するのも良いかもしれません。

出産を終えるとホルモンバランスは自然に元に戻り、
それに合わせてニキビも治って行く場合がほとんどです。
妊娠中に出来たニキビは「まあそのうち治るから」と気楽に構え
あまりストレスに感じない事も大切ですね。