思春期ニキビが出来るワケ

お肌の悩みで上位に上がるものの一つにニキビが上げられます。
一言でニキビと言っても実はいろいろな種類があるのをご存知ですか?
まずニキビは「思春期ニキビ」と「大人(アダルト)ニキビ」の二種類に
分ける事が出来、一般的に20歳以前に出来るニキビは「思春期ニキビ」に
カテゴリーされます。
今回は「思春期ニキビ」が出来る仕組みとその対策をご紹介します。

思春期ニキビの原因

「思春期ニキビ」が出来る主な原因は成長ホルモンです。
10代はまだ体が大人に成長する途中なので、急に背が伸びたり、
体つきが変わってきたり、男の子だと声が変わったりしますね。
このように体が大人に成長して行く過程で成長ホルモンが体の中で分泌されます。
この成長ホルモンは子供から大人へ成長する上でとても大切な役割を
はたしているのですが…実は毛穴の中の皮脂腺も刺激するのです。

成長ホルモンが皮脂腺を刺激すると、
皮脂腺は皮脂を多く分泌して身を守ろうとします。
その結果、毛穴に皮脂が溜まり、その皮脂を栄養源にニキビ菌が増殖、
顔全体にニキビが出来てしまうと言う訳です。

この成長ホルモン以外にも、部活で汗をかいた後に洗顔しなかったり、
ファーストフードを食べ過ぎたり、受験等のストレスも「思春期ニキビ」を
増加させる原因と言われています。
女の子の場合だと生理不順も原因になり得ます。
ではどうしたら「思春期ニキビ」を直す事が出来るのでしょうか?

思春期ニキビの対策

「思春期ニキビ」の対策としては、
皮脂対策をして皮脂が過剰に毛穴に詰まる事を防ぐのが大切です。
朝・晩はきちんと洗顔して、化粧水と乳液をつけるのが大切です。
また部活動などで汗をかいた後も洗顔と保湿を忘れてはいけません。
男の子だと洗顔をしても保湿を怠ってしまう場合が多いですが
これは要注意!
皮脂を洗い流した後で必要な保湿をしてあげないと、
肌を守ろうと皮脂腺は余分に皮脂を分泌します。
なので洗顔後は保湿も忘れずに行いましょうね。

一般的に「思春期ニキビ」は13歳〜17歳の間に
一番出来やすいと言われています。
そして20代になる事には体の変化も落ち着き、
それに合わせて「思春期ニキビ」は落ち着く傾向にあります。
また「思春期ニキビ」は「大人ニキビ」よりも治るのが早く、
ニキビ痕も残りにくいので、ニキビに対しストレスをためないよう
心がけ正しいスキンケアを繰り返す事が一番ですね。
正しいスキンケア方法をマスターして、ニキビの無い素敵な思春期をすごしましょう♪