顔以外に出来るニキビの対策法

ニキビと言えば顔に出来るイメージが強いですが
ニキビは毛穴に皮脂がたまって出来るものです。
つまり毛穴がある場所であればどこにでも出来る可能性があります。
服で隠せても実は背中のニキビに悩んでいる…そんな人も少なくありません。
では顔以外のどの部分にニキビが出来やすいのでしょうか?

顔以外でニキビが出来やすい場所

ズバリ、体の部位でニキビが一番出来やすいのが背中になります。
背中はTゾーンと呼ばれる額や鼻と同様、皮脂腺が多い部分です。
その為、汗をかきやすい部分でもあります。
夏に汗をかいたときにシャツの背中の部分だけがぐっしょりするのはその為です。
また化学繊維の衣服で就寝すると通気が悪く汗が溜まりやすくなり、
皮脂を栄養にアクネ菌が増えやすい環境を与えてしまいます。
さらに背中は洗いにくいのでケアを怠りやすく、
洗髪時のシャンプーやコンディショナーの洗い残しが溜まりやすい場所でもあります。
シャンプーやコンディショナーの洗い残しがあるとそれらの成分が背中の毛穴を防ぎ
そこに皮脂が溜まってしまうのです。
またホルモンのバランスが乱れると皮脂が過剰分泌されます。
背中を触ってべた付くようであれば皮脂が過剰分泌されているサインです。
入浴の際に入念にケアをして皮脂をためないようにしましょう。
背中ニキビの対策としてはとにかく入浴の際に背中をきちんとケアするように
心がける事が大切です。
またなるべく通気性の良いパジャマで就寝するのも汗が溜まりにくくなるのでお勧めです。

デコルテや胸の部分もニキビが出来やすい

また女性だとデコルテや胸の部分もニキビが出来やすい部分になります。
女性でキャミソールやVネックなどを好んで着る場合、
紫外線対策をしっかりしないとデコルテ部分が紫外線でダメージを
受けてしまいます。
その結果、角質が厚くなり毛穴がつまってしまう事があるので、
デコルテが開いた服を着る時は顔だけでなく
デコルテ部分にも日焼け止めを塗って紫外線対策をする事が大切です。
胸の部分にニキビが出来てしまった場合、
入浴時に汚れが落としきれていないのが原因である事が多いです。
特に胸の中央部分には汚れが溜まりやすく、皮脂や角質が溜まって
ニキビの原因になります。
またボディーソープや石けんを使った際に洗い残しや
すすぎがしっかり出来ていないと肌へのダメージとなるので入浴時のケアが大切です。

ゴシゴシ洗いたくなるけれど

洗顔の場合であれば、手のひらに石鹸を泡立ててやさしく洗いましょうという
洗顔方法はよく言われていますが、顔以外の場合だとどうでしょうか。

通常は体を洗う際にはナイロンタオル、ボディブラシなどを用いて洗う
というケースが多いのではないかと思います。
ざっと洗い流す際にはそれでも良いのですが、ニキビができてしまっている箇所を
入念に洗う際にはナイロンタオルやボディブラシの使用は避け、
洗顔の場合と同様に、たくさんの泡でやさしく丁寧に洗うようにすることも、
ニキビ対策としては有効です。

体にニキビがあると思う存分おしゃれも楽しめませんね。
また服との摩擦で悪化したりする可能性もあります。
入浴時にケアをして体ニキビを撃退しましょう!